親子関係は、今の幸福度に大きく影響する。

親子関係って不思議な存在だ。

「親子関係は、大きく幸福度に影響する」「親と仲良くやっていかずして、人生の成功などありえない」

実際に上記の言葉が真実かどうか??というのは僕にはわからないが、

「自分の中に、必ず父親と母親の二人は存在している」というのはしっかりと実感している。

自分の事を知りたいならば、親子関係を見ていけば、自分のことをより深く知れるかもしれない。

=====================

親子関係に関して根堀葉掘り聞いてみた!

親子関係に置いて、最も重要なストーリーはなんでしたか?

(葛藤でもいいし、感謝でも良いです。)

親子関係に関しては、最も重要なことはなんだったか?と聞かれると

一般的な家庭で、幸せに育ててもらったこと。

が僕にとっては最も重要なことだったと思います。

一括りにまとめてしまいますが、コレ自体が非常に大きなことですね。

 

エピソード的な要素を言えば

・父親のお金をコッソリ取っていて遊戯王カードを買っていてバレた時思いっきり怒られたこと。

・妹とケンカばかりしてて、お母さんに怒られたこと。

・ビジネスをやっていて、借金がバレた時に両親に大目玉を食らったこと。

・大学を辞めたくて、寝ている父親に辞めることを伝えたその日に、家出したこと。

 

なんか怒られたときの記憶がまず最初に浮かんできます笑

 

とはいえ、正直に感謝しか無くて、純粋に育ててくれたことに感謝です。

基本放任主義と言うか、そこまでガッツリ面倒を見る。という両親ではなかったですが。

 

夏にはキャンプに、冬にはスキーへ。

毎日料理を作ってくれて。

なにか悪いと感じることがあったときには怒られて。

 

特筆すべき、他者に驚かれるエピソードってそんなに浮かばないですが、ただ「良い家庭」だったなーと思います。

もう一度同じ両親のもとに生まれることになったらどう思う?と聞かれたらですが、「是非もう一度お願いします」って答えますね。

(他の家庭も気になるし、経験したい好奇心はありますが。)

ただ、、、そんな幸せ感出しておきながらなんですが、葛藤だと、去年の10月頃、父親を飲みに誘ったら断られました笑

 

これは僕自身も前職にいてメンタルが安定してなかったし、今考えたら時期ではなかったのかなーと思ってます。

 

多分収益が安定したり、いい感じになったら、またそのうち機会があるのかなと。

 

大人になってから、腹を割って話したことがない。というのは一つ葛藤かも知れません。

 

親も僕もそういう恥ずかしさは持っているので(特に父親)ここはそのうち話す機会を作りたいなーと思ってます^^

 

親とのストーリーから、手に入れることが出来た宝物は?

自分の性格構造で基本放任、許容範囲を超えたら叱る。」という考え方がありますが、これは両親に育ててもらった上で根付いた価値観だなーと思います。

それも含めて、考え方が一般的な考え方なこと。

「こういうのは駄目!!」という強いアウトラインがない考え方は自分の中での柔軟性につながっているのかな?とは思います。

あとは、なんでかわからないですが、親からもそういうことを言われたわけではないんですが、

「なんとなくでもいいから、上を目指す」

というのは、親から受け継いでいる僕の価値観なのかもしれません。

 

僕の中で、母も父も人間ですが、「完全なダメ人間」という印象が全くありません。

向上心が強い、というわけではないんですが、やることはやるし、責任感はある。そういう人たちでした。

だからからか、僕も責任感や、向上心はベースにある考え方があります。

だからきっと、今までの組織でもNo2でいたのだと思いますし、自己投資を惜しまないようなそんな性格でいれた。

その上を目指す思考があったから、

知り合いの経営者さん、今関わっている起業家さん、今をより良く生きようとする向上心が高い人と一緒の時間を過ごす機会があるのだろうなと思います。

環境は副産物かも知れませんが、そういった良い人達と付き合うことが出来る自分の側面があることは、親から貰った多大なギフトなのは間違いないですね。

 

 

過去の自分に親子関係を伝えるならば、何を「コアメッセージ」にする??

僕は総じて、親と圧倒的に仲が悪かった。という時期はないので、悪いところを更に良くしよう。的なメッセージは正直浮かばないです。

ただ、過去の自分に伝えるならば、

食事をしているときや、何気ない話から自分が親の影響をどういうところから受けているか??を観察してみると良いよ。というアドバイス。

はすると思います。

自己分析の一つの材料にしなよ。という感じですかね。

恥ずかしさがあって、しっかり親とは話せなかった子供時代があるので、話すのが難しいならば、適当に聞いているふりして真剣に聞いてみると面白いよー。

とか言うかなーと思います。

「自分のことを知るために、親のことを知るのが非常に効果的」というメッセージですね。

 

昔、とある起業家さんが話してくれた言葉に「自分の中に両親は存在している」という言葉があったんですが、これは事実だと思います。

父親か、母親か、色濃く受け継いでいる部分って確かにあって。

それを自覚できる一番の人間が両親だと思うんですよね。

 

あとは、せっかくの親子関係ですし、出来るときには親孝行して置くと自分の中の後悔がなくなるよ〜って伝えるかなーと。

ふとした時にやってあげることって良いことだよなって思いますし、誕生日とか、ふとした時とか、そういう節目くらいしか不器用だと感謝って伝えられないじゃないですか笑

 

だからそういう時くらいは、行事の力を利用して、感謝を伝えておくと、自分の中の後悔材料が一つ消えていくんじゃないかなって思います。

 

 

他の価値観記事はこちらから

Factor1 「子供」の頃の自分に出会ったら、自分は何を伝えるか?(子供時代)

Factor2 一般的な価値観を持つ親を心から誇りに思っている。(親子関係)←Now

Factor3 「お金」とは「感謝のエネルギーを具現化したもの」(お金の価値観)←Next

Factor4 「仕事」ってなんだろう。「働く」ってなんだろう。(仕事の価値観)

Factor5 人生の「パートナー」に初めて心から謝った日。(パートナーのストーリー)

Factor6 僕らに必要なのは体の「健康」だけじゃない、心の「健康」も必要だ。(健康の価値観)

Factor7 【幸福度を高める】らしく生きる理想の「未来」(望む未来)

 

 

 

書いた人のプロフィール

 

リーダーの幸福度を上げる、ギルトメルマガやってます。