【やる気を出す方法】自分の中の危機感をあぶり出す。

最近、というよりも先程、こんなツイートをしてみた。

独立して、引っ越しをしてからよりメンタルが完全回復したが、完全回復したら完全回復したなりに次の課題がまた見つかったように思う。

周りを見る余裕がなかったが、いざ周りを見る余裕ができたら現状に焦るようになったと言うべきかな。

 

自分の中の危機感をあぶり出す方法

 

過去に、ずっとお世話になっているライターさんとご飯を食べる機会があった。

一時期は一緒に仕事もしていたが、一旦その仕事も離れて、数カ月ぶりのご飯だった。

単純に久しぶりにご飯に行けるということで話をしていたが、その時の言葉がなんとなく生きていた自分にすごく刺激になった。

 

「結局人が人から離れるときって、待遇が悪かったり、性格が合わなかったり、給料が見合わなかったり、何かしらの不満があるから人が人から離れるわけじゃないですか。

そういうのは、最初から出来る限り自分を含めた全員が避けられるように設計をしないといけないですよね」

 

「急に売上が伸びたり、成果が爆発したりとか、そういうのは計算できないイレギュラーなことですよね。

だから、常に自分がなにか話が来た時に全力で動けるようなフレキシブルな状態にしておくことは心がけています」

 

こういった言葉を何気なく話して姿を見て

「あぁ、やばい、これはやばい」

 

と素直に危機感を覚えたことを覚えている。

 

というのも、数ヶ月前に比べて、言葉に圧倒的に力が宿っているのと感じたのと、その言葉が言語化出来ている時点で、明らかにレベルアップ師をしていることが明確に感じ取れたからだった。

対して、

自分はこの数ヶ月で、言葉が重くなるような行動を積み重ねてこれていただろうか?

なにか自分の経験を大きく言語化出来る経験をつめていたのだろうか?

そんなことを思うと、「とにかくやばい」と感じたのだった。

 

自分が進まなくとも、世界は進むし、周りは進む。

正直、それまでの自分は環境に甘えすぎていたのだろう。

お世辞にも、過去につらい経験をしたのは十二分にわかっている。

 

だからといってその経験のことをいつまでもうじうじ言っているわけにも行かないし、世間にとっては自分がどれほどつらい経験をしたのか??っていうのは関係ない。

それも頭の中ではわかっていた。

 

だけども、少し、その環境に、状態に甘えてしまっている自分がいたんだと思う。

 

もう少しだけ休みたい、もう少しだけ、ゆっくりしてもいいだろう。

 

その結果が自分よりも周りの人が圧倒的に成長している状態であり、大きな危機感を感じざるを得ない状況になっていたんだと考えられる。

結局の所、成長をするためには何かしら新しい挑戦をしていくしかないし、やれることを積み重ねていくしか無かった。

 

嫌なことから逃げることは時には大事だ。

だけども、嫌なことだからこそ立ち向かって克服するような成功体験を詰むことも大切だ。

 

自分の成長を感じられるときが、自分が嬉しい瞬間の一つであることは間違いないのだから、

 

常日頃から、自分が成長できるように精進を積み重ることだけは、今も忘れないようにしている。

 

 

 

書いた人のプロフィール

 

リーダーの幸福度を上げる、ギルトメルマガやってます。