no-image

今日という一日は一瞬で終わったか?

最近、一日が気づいたら終わってる。

ただ、これはとりあえずぐーたらして、気づいたら「あー今日も終わりかー」っていうかんじではない。

やることはある。眼の前にやっておいたほうが良いと思うことがあって、それをひたすらにこなしていると一日が気づいたらほぼ終わりの時間になっている。

これは、正直に素晴らしいことだと思う。

何かに対して没頭するというのが、独立して今更ながら、出来ている気がする。

 

没頭するのに必要なのは、新しい挑戦だった。

独立してから3ヶ月。

これまで何も挑戦をしなかったのか??というとそういうわけではなかった。

ただ、没頭をしていたか?というとしていなかったと思う。やることを探し出し、どうにかこなそうとしていただけ。

それも決して無駄ではなかったと感じているけども、のめり込み、入り込むためにはまずやらないといけないことがあったのだろう。

 

それが「新しい挑戦」

 

挑戦という定義はなんなのか?というと難しいが、心の底ではやりたいと思っていた、なんとなくブレーキを掛けていたものを始めること。

なのかなーと今は思っている。

今までやってきたのは、挑戦、のように見えた「調整」にしか過ぎなかったのかなと。

 

イメージ的には、立っている位置を変えず、日々の中で不快なものをちょっと避けようとしたり、体制を変えたり、その場に留まったまま「うまくやり過ごそうとする」のが調整。

 

挑戦は、立っている位置すらも全部取っ払って、

完全に一から新しいことに立ち向かっていくこと。これが挑戦。

 

なんとなくだけども感覚がつかめたことは、これからの人生にとって大きな体験を詰めたように感じている。

もちろん、今やっている挑戦がうまく行かなかったら、また悩む時期が来るのかもしれないが。

 

行けるところまで行ってみる。だめだったらまた戻ってくる。

とりあえず、せっかく自分がビジネスに没頭できたのだから、

まずはいけるところまで、全力でやり続けてみようと思う。

その挑戦が失敗に終わったら、またこのブログに戻ってくる。

 

そうやってやっていこうかと。

このブログはこのブログで、今まで書いてきたものだし、沢山の愛着がある。

 

伝えるメッセージは少し変わってしまったが、僕の書きたいことを掛ける場所であることには変わりはない。

 

願わくば、新しい挑戦の成功体験も、このブログに書けるように。と思う。

 

 

ではでは。

 

書いた人のプロフィール

 

リーダーの幸福度を上げる、ギルトメルマガやってます。