no-image

「やりたいこと」と「やったほうがいいこと」

こんにちは。shinです。

ほぼ雑記ブログとなっている現在のこのブログだけども。

なんだかんだで、こうして文章を書くと頭の整理になるなーと感じてます。

というか、最近毎日毎日一瞬で過ぎていくんで、実は全然頭の整理をする時間を撮れていないんですよ笑

なので、今日は、頭の整理がてら、今思っていることを書いていこうと思います。

 

突発的に書いていきますので、支離滅裂になるところがありそうですが、ご容赦を。

「やりたいこと」と「やったほうが良いこと」

今日は実は知り合いの経営者さんから、ちょっとした仕事の依頼があったが、今のところは丁重にお断りさせていただいた。

理由としては非常にシンプルで、自分が今集中していることに時間を全力で注ぎたいからだ。

 

ただ、正直全く魅力のない話ではないわけで

「やらないほうがいいか」「やったほうがいいことか」と聞かれたら、

間違いなく「やったほうがいいこと」ではあったように思っている。

 

たしかに今、自分は新しいことに集中はしている。

だけども、これでうまく行かなかったらどうするのか?

一応断る時に、色んなシュミレーションはしてみた。

今やっていることはうまくいくような手応えはあるが、それでもそれが確実。なんてことはない。

仮に失敗した時に、「あーあの依頼を受けておけばよかった」と思う時が来るのかも知れない。

 

そんなことを想定した。

 

ただ、結局の所、シュミレーションをしても、同じ結論にたどり着いた。

 

「うん、やっぱり、やりたいってワクワクしなかったらやらないほうが良いな」と。

 

結局の所、僕はこのやり方で、自分が好きなやり方でうまくいかない限りはきっと諦めることはないのでしょう。

元々自分で生きるために入ったビジネスの道。

起業に付き合い、経営に触れ、多くの人に触れて、いろんな道を通ってきたけども、改めて一人になってみて、今また「自分で生きるため」に再スタートを切っている。

 

それが出来なければ、きっと俺の未来は明るくはならない。

 

そう思ったから、お話は丁重にお断りをさせていただきました。

もちろん、代わりに人がいればということで代わりの人は紹介させてもらうようにしていますが、きっとうまく行かなかったとしても、この選択には後悔はしないかなーと思います。

(別に相手の人と仲悪くなったわけでもないですしね)

 

今やるべきことに全力で集中する。

 

なんとなく、自分にとって、ここが勝負どころだと思ってます。

 

やれるところまでは全力で。

 

挑戦の結果が出たら、またご報告します。

 

ではでは。

 

 

書いた人のプロフィール

 

リーダーの幸福度を上げる、ギルトメルマガやってます。